1. >
  2. 子供と大人のニキビケア

子供と大人のニキビケア

ニキビは年齢とともに質が変わってきます。思春期ニキビの時はCMでよく見かける洗顔料を使用してしっかり顔を洗いました。またすぐにできてしまうのですが落ち着くのも早く、跡も残りませんでした。しかし大人ニキビは体調によりいきなり出てきます。顔を洗うという方法だけではなかなか良くならず、食べるものを考えたり、睡眠時間を増やしたり、スキンケアに使う化粧品を一式変えたりしてようやく治ります。ひどい時には皮膚科でお薬を処方してもらいます。

たぶん正しくないニキビケア

ニキビはつぶしてはいけないと聞きますが、私はつぶしてしまいます。ただ、出来始めの少し盛り上がった程度の物はすぐに触らず少し育てます。「押せば中身が出てくる」の状態になったら(経験からの勘)芯が全部出るまで押して搾り出します。皮膚に穴が開いている状態なのでスキンケアの類は使用せず乾かします。たまに失敗して芯が残ってしまう場合がありますが、その時はまた膨れるまで育てなおします。つぶしたからといって跡が残ったりシミになったりしたことは私はありません。(将来的にはどんな影響がでるか不明ですが)

ニキビが出来た時には。

ニキビがあまりにも酷く赤くあれている時は、ビフナイトをタップリ塗りバンソーコーを張り様子を見ます。顔全体にまばらにできてしまっているニキビには、アルコールが入っている化粧品で、消毒してサッパリ系の化粧水を冷やした物を使い肌の炎症を抑えて、全身に使えるクリームを薄く塗り、ニキビが気になるところに、ステロイドの軟膏を短い期間塗り様子を見て、チョコラBBなどを飲む様にします。洗顔もいつも使っている物ではなく泥洗顔や汚れを吸着してくれる洗顔に変えたりします。